コーヒーを活用してホットタイム!

コーヒーを活用してホットタイムです!
元々、豆なので、茶葉とは違いますし、たばこを良く吸う人なんかは、砂糖とクリームを入れて、
4杯以上飲んだらガン抑制効果があるそうですから、ガンにならないためにもコーヒーを飲みましょう。

 

コーヒーにはカフェインが入っているから、リラックス効果もありますし、
次の勉強を頑張りたいとか、仕事を頑張りたい!っていうときには、ほんとにお助けマンですよね!
私もコーヒーがあったから、こうして今も元気でいられるんですよ。

 

たばこも無事止めることが出来ましたし…

 

カフェインは、健康な人で一日400rまでと決まっています。
マグカップ一杯が160rだから、二杯とちょっとです。
だから、ホッとするけどあんまり、たくさん飲み過ぎないことですね。

 

妊婦さんで、200rまでです。
…ということは、一杯しか飲めない計算になります。
寂しいけど、決まった容量は守りましょう。

 

健康に暮らしていくのには、好きな飲み物とか、ある程度持ってた方がいいですよ。
コーヒーの場合だったら、熱いのよりはアイスコーヒーの方が体にはいい効果があるとのことです。
そんなには違いはないでしょうけど、できればアイスコーヒー、ということです。

 

砂糖は缶コーヒーはひと缶に一日分の砂糖の限度を遙かに越えた、
35rが入っており、こういうのを飲み続けると、かなり危ないです。
ああいうものは、運動したりするような人だとか、たくさんカロリーを消費するような人向けで、一般の人では多すぎます。

 

紅茶も自販機の紅茶などは、同じくらい砂糖が入っているので気をつけて買うようにします。
砂糖抜きの方がいいのかもしれませんね。

 

スポーツ飲料も砂糖がだいぶん入っています。
ポカリスエットでも、500tに、30g入っています。

 

だから、よけいなスイーツとかは、全くとる必要がないわけで、
コーヒーを飲みたい放題飲んでたら、糖尿病になりますからね。
一日の糖質の量をわきまえて、きちんとした生活を送りましょう。

 

ご飯、パン、めん類と、おかずに使う砂糖だけで、もう、オーバーしてますよ。
コーヒーは飲む人は、糖質の高い炭水化物を減らして、コントロールしたほうがいいですね。